Margarita =ぶろぐ枕草子=

お肌つるつるになろう☆【平山&山鹿ドライブ・その1】

◇今回のドライブコース
【(九州自動車道)南関I.C.→平山温泉「やまと旅館」→山鹿市・八千代座→山鹿灯籠民芸館】

 
f0105886_981390.jpg

 
温泉ツウを気取っていますが、
今年は温泉に行く機会がなかなかつかめません。
7月に一度予約したのですが、
台風で延期となっていた
「今、九州のツウならココ!」と言われている、
熊本県の平山温泉に、やっと行くことが出来ました。



南関I.C.を下りて山道へ。
ナビはたまにびっくりする道を案内してくれます。
今回も対向車が全く来ない山道を行きました。
途中、突然こんな↓↓石像&モニュメントが…
肥後の国人一揆の合戦跡地なのだそうです。
 
f0105886_9141673.jpg

 
『武家家伝_和仁氏』
 
f0105886_9145324.jpg

 
『熊本のお城と城跡・田中城跡(和仁城跡)』
 
f0105886_9152295.jpg

 
 
本日の日帰り入浴プランのお宿は、
こちらの「やまと旅館」
田んぼのあぜ道を「ひょぇ〜〜〜」と言いつつ
行き着いてみれば、
白い2階建ての宿泊棟と、農家風レストラン“わらび”が。
決して「温泉旅館らしい」建物ではありません。
 
f0105886_9295595.jpg

 
f0105886_9301777.jpg

 
しかし…周囲の旅館もそう大きな建物は存在してません(^_^;)
各々敷地は広そうですが…
案内されたのは、宿泊棟とは別の、お食事専用の個室でした。
(ちょっとエアコンが黴臭かったです…)
予定よりずいぶん早く着いてしまったので、
「昼食の前にお風呂に入ろう〜!」と内湯に向ったのですが、
脱衣所が大人が3人も脱ぎ始めたら
いっぱいになりそうなスペースで、
「え〜(>_<;) こんなんでお風呂が売り?!」と
落ち込んでしまいました。
(後々、徐々に回復しますが)
内湯は洗い場のカランが3〜4個。
岩風呂も10人くらいでいっぱいになりそうです。
窓の外には、檜の露天風呂があります。
(こちらも4人くらいでいっぱいになりそう…)
全部で10人弱くらいが入浴していましたが、
半数は地元の人みたいです…
確かにお湯はとろみが全身にまつわりつくカンジで、
この夏、ずっと悩まされてきた“汗疹”の
治療には効きそうなのですが、
お風呂のイメージが想像と全然違っていたので、
がっかりして、旅館の周囲を写真で撮っていると、
写真のような“露天風呂”を発見!
 
f0105886_9421855.jpg

 
随分と開放的な印象ですが、
『13〜15時・女性専用』とあるので、
「よし!昼食後はこちらだ〜」と、
もう1つの期待、とうふ料理を食べるため
部屋へと戻りました。
 
離れの個室でいただく「とうふ会席」。
平山温泉の数ある温泉の、日帰り入浴プランの中でも
人気のあるコースなんだそうです。
まずは、豆乳と汲み上げ豆腐。
ぷるぷる&つるんの汲み上げ豆腐は、お塩で召し上がれ♪
 
f0105886_16451736.jpg

 
続いて、田舎豆腐。
「大きぃ〜」と思っていたら、
半分は奴で、半分はお鍋にお入れ下さいと言われました。
この田舎豆腐はおかわり出来ます。
 
f0105886_16474486.jpg

 
八寸はこちらのプレートです。
煮豆が美味でした。
卵焼きも卵の味がしっかりしていましたよ。
ただ、季節が9月と中途半端?だったのか、
キノコが食べたかった私はちょっと拍子抜け…
 
f0105886_16493960.jpg

 
鍋は、豆乳&野菜(もやし・人参・水菜・もみじ麩)の
シンプルなものに、先程の田舎豆腐を入れます。
それを胡麻だれにつけて食べるのですが、
この『豆腐&胡麻』テイストにちょっとハマりました。
豆乳鍋なので、ぐつぐつしてると
うっす〜い湯葉が出来ます。
 
f0105886_1656065.jpg

 
その他は、こちらの茄子田楽と茶碗蒸し。
そして、ご飯+みそ汁+香の物。
器がどうやらオリジナル?のようで、
手作り感が“The 田舎料理”という雰囲気を出しています。
f0105886_1658342.jpg

 
f0105886_16583483.jpg

 
最後はデザートと珈琲。
「アイスクリーム+パイ(メープルシロップかけ)」と
「わらびもち」をいただきました。
 
f0105886_1744225.jpg

 
こないだの糸島の田舎料理の時も思ったのですが、
デザートはあまり背伸びせずに、
季節のフルーツで十分堪能出来ると。
そう思うのは、私だけなのかな〜(-_-;)
熊本はスイカとかメロンとか美味しいから、
それで十分だと思いますよ〜…
 
食事+部屋使用料+入浴料で1人¥4500です。
部屋使用料が高いかな〜とも思いましたが、
(部屋にトイレも洗面台もなかったので)
これから平山温泉が賑わって来ると、
もっとライバルが出来て変わって来ると思うし、
まだまだ『通好み』の域を出ない温泉街なので、
これから期待したいと思います。
 
お昼ご飯が済んで、1時までちょっと時間があったので
ごろり〜ん&うとうと。
個室を予約したんだから、この程度は満喫しないとね。
そして、1時も10分ほど過ぎたので、
いざ!露天風呂へ。
 
先程の木の階段を登って、
とっても開放感のある脱衣所で服を脱ぎます。
ちょっと無防備過ぎ…?
 
f0105886_17203410.jpg

 
f0105886_17141465.jpg

 
自慢の露天風呂は、こんなところに隠されていましたよ〜(^.^)♪
平山温泉のお湯は透明ですが、湯の花がいっぱい漂っています。
こちらの露天風呂のお湯はちょっとぬるめで
長時間&たっぷりつかることができます。
ちょうど誰も入っていなかったので、写真も撮り放題(o^-^)b
こんな石↓↓もあるんです(^o^;)
 
f0105886_1719846.jpg

 
f0105886_17194679.jpg

  
監視の目がないので、
若いお嬢さんにはちょっと抵抗があるかな?
でも、温泉ツウになりたかったら
覗かれようが、混浴だろうが
お湯を楽しむためにはどんとこ〜いにならないとね(^o^;)
 
そんな訳で、まだまだ発展途上の平山温泉。
ツウっぽく、誰かを誘ってみたい時には、
こちらの“美肌の湯”がポイント高いと思いますよ♪
 
【平山&山鹿ドライブ・その2】につづく…
by mar_beads1010 | 2007-09-15 21:00 | 出ある記=BLOG版=
<< 2007年「お疲れ様でした」 芥屋大門とサンセットロード[前... >>



大層なタイトルですが、日々の細々したことを簡単に紹介出来たらいいなと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
* リンク集 *
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧