Margarita =ぶろぐ枕草子=

『島津の国宝と篤姫の時代展』

 
酷暑の中ですが、せっかくの三連休なので
ずっと家に居るのはもったいない…ということで、
九州国立博物館で開催中の
『島津家文書と篤姫の時代展』へ行ってきました。
 
f0105886_10532062.jpg

 




暑いので、
博物館前まで車で上がる?とかいう話をしたのですが、
博物館周辺でお昼ゴハンが出来るのは、
併設の「ホテルニューオータニ」系のレストランのみ。
ここはいつも大行列なので…
「やっぱり、いつもどおり参道を上がろうかね?」
という結論が。
やはりいつものように、
西鉄太宰府駅近くで腹ごしらえからスタートです。
蕎麦好き母娘は“手打ち蕎麦”ののぼり旗に弱いです(^_^;)
今回は、冷たい&さっぱりの蕎麦。
“梅おろしそば”
f0105886_1058370.jpg

 
“ゆずとろろそば”
f0105886_10591062.jpg

 
ゆずとろろは、
ゆず風味のドレッシング系のタレがかかっているようで、
目新しかったです(^_^)
 
太宰府駅前のポストの上にいる『鷽(うそ)』。
 
f0105886_110285.jpg

 
“どちらかは実在の鳥です。「ホント」or「ウソ」さて、どちら?”
…というのが、こないだ『いいとも!』の
クイズの問題になってたらしいです(^_^;)
背景の山は大野城跡。
白村江の戦いの後作られた、朝鮮式山城跡です。
今は県民の森とかになってるらしいので、
いつか寄ってみたいと思っています。
 
暑いので、参道は素通り…
でも、観光バスで来られた団体さんもいっぱいいます。
 
f0105886_114936.jpg

 
有名な菅原道真の歌『東風吹かば…』の碑は、
あまり目立たないのですが、
天満宮入り口の鳥居(中世の鳥居)のそば、
鳥居の下から天満宮本殿を正面に見ると背中側にあります。
 
f0105886_11165967.jpg

f0105886_11173976.jpg

 
梅に囲まれて、背丈はそこそこ高いのですが、
あまりそれと判って見ている人がいないのが現実です…
私もあまり梅の季節につくづくと眺めた記憶がありません。
有名な歌が書いてあるのに、何でだろう?
 
暑いのですが、このまま素通りするのは道真公に失礼なので
お参りしてから、博物館へ行くことにします。
 
回廊の檜皮(ひわだ)の葺き替えが行われていました。
新しい檜皮は、やはり色が清々しいです。
 
f0105886_11293528.jpg

f0105886_1131387.jpg

f0105886_1132428.jpg

 
…すみません。
カメラを構えるために立ち止まるのも暑くて(>_<;)
ワープしたように、九州国立博物館まで着いてしまいました。
 
f0105886_11363212.jpg

 
夏は博物館や美術館は空調が効いていて、助かります〜(-。- )
 
前回の絵巻物展よりも、女性の姿が多い気がします。
やはり『篤姫』人気、上昇中です。
  
f0105886_11492661.jpg


今回の展示は、中心が「東大文書」ということで、
あくまでも“篤姫”ぢゃなくて“篤姫の時代”の展示。
なので、篤姫が使ってた○○とか大奥で使われてた△△とかが
来ていた訳ぢゃなかったんですよ…ちょっと拍子抜け(^_^;)
一番人だかりしていたのが
CGで作った、江戸城本丸のバーチャル映像を
モニターで放映していたコーナーでした(^o^;)
表御殿(松の廊下とか)・中奥、
そして御鈴廊下を通って大奥の間取りなどを
低空飛行するラジコンヘリに乗った気分で
(ちょっと想像力を働かせると、
 大奥風アゲハチョウの背に乗った気分で)
今は存在しない本丸の広大さが判る映像でした。
「家に、データがあると“ごっこ遊び”
(将軍ごっことか御台所ごっことか)が出来そうだな〜」と
楽しくなりました(^.^)♪
 
展示されていた浮世絵
◇維新前後風刺画 かるたあわせ鎌倉武勇六歌仙
◇維新前後風刺画 子供芝居忠臣蔵四段目
◇維新前後風刺画 当世三筋のたのしみ

が、印象的でした。
…風刺画だったのですが、
庶民ははっきりくっきりご公儀に意見をすることが
出来ない代わりに
風刺画の文化が発達したのでしょうけれども、
日本人の遠まわし文化というか、皮肉屋文化というか
シニカルなことも粋だった…面が息づいていて、惹かれました。
やっぱり直接的な嫌味とか怒号とかは、
洒落てないなぁと思いました。
シニカルな事を解するためには、発するほうも受けるほうも
かなりの知的素養を必要とします。
幕末の庶民の知的素養を侮っちゃいかんなぁと思いました。
 
展示場の最後のコーナーは、
大河ドラマ『篤姫』の特設ブースになっていました。
これまでのあらすじ、人物相関図のパネル展示や
実際に篤姫(宮崎あおい)や幾島(松坂慶子)の着用した打掛
(「Please do not touch.」の表示有り… (/_;))
薩摩時代の篤姫(於一)と帯刀(尚五郎)の取り交わしたお守りの実物?
(ガラスケース入り)、
家定様がお寝間でばらまいたねずみの張子(ガラスケース入り)、
斉彬公の遺言となってしまった手紙(ガラスケース入り)など、
ドラマファンには胸がキュン×2する小道具がありました。
ケースに入っていたのがちょっと残念でしたけど…
 
私が訪問した7月19日の
ちょうど1週間後の25日土曜日には
将軍・家定(堺雅人)と篤姫(宮崎あおい)の
トークショーが、
太宰府で行われました。
将軍と御台所の2人も、展示品に見入ってしまい
「時間が足りなかった」としきりに言っていました。
具体的に何が興味深かったか知りたかったです。
 
展示品をじっくり見て、頭を使った後は
こちらでクールダウンしました。
 
f0105886_11505053.jpg

 
白玉宇治金時〜(^.^)♪
…治療中の歯に沁みました(>_<;)
 
暑かったし、おかげで駈け足でしたが
それでも見に行って良かったです。
とてもためになったし
貴重な時代のものを見たという実感は
心を充足させてくれました。
「私は博物館にある史料が好きなんだよね〜」
と、改めて実感させられました。
 
by mar_beads1010 | 2008-07-19 21:00 | 『篤姫』と大奥
<< 本日は、大暑〜(-_-;) 梅雨あけしました。 >>



大層なタイトルですが、日々の細々したことを簡単に紹介出来たらいいなと思います。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
* リンク集 *
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧