Margarita =ぶろぐ枕草子=

『篤姫』ロケ地巡り【鹿児島1泊2日・その4】

f0105886_9164363.jpg

 
大河ドラマ『篤姫』の鹿児島ロケは、
平成19年の9月下旬〜10月上旬にかけて行われたとか。
ちょうど、1年後にあたる季節に
鹿児島でロケ地巡りが出来たのは、
偶然?それとも、運命??(^o^;)
おかげで同じ雰囲気の角度も、
まぁまぁ見つけられたと思います(o^-^)b
 



ロケ地No.1 石橋記念公園
 
f0105886_1015923.jpg

 
国道沿い、桜島が正面に見える清々しい場所に、
かつて鹿児島市内の甲突川に架かっていた
石のアーチ橋を移設・復元しています。
この西田橋(移設)は、ドラマでは
第1話で斉彬の初・お国入りシーンや、
篤姫が薩摩を後にして、京都そして江戸へ向う出立の時など
鶴丸城のお堀に架かる橋として、設定・撮影されています。
 
f0105886_1035523.jpg

 
f0105886_1041938.jpg

 
こちらは、斉彬のお国入りの際、
地元の人々が迎え出て、
踊りなどを披露するシーンに使われた西田橋御門(復元)。
 
f0105886_1062499.jpg

 
男子が2人、そこに座っておしゃべりをしていましたが、
「青春を語ってる?」といったシリアスな雰囲気でした…
「若いのぉ〜…」としみじみシャッターをきりました。
わたしってすっかりオバさ…(^^ゞ
 
f0105886_1045120.jpg

 
この石橋記念公園には、
全部で5つの橋が架かっているそうなのですが、
すっかり西田橋1つのみだと思い込んでいたので
他の橋は見ないまま…
やはり下調べをしてなかったのはマズかったですね(>_<;)
この他、この公園にかかっている高麗橋も、
『篤姫』では、
調所広郷邸へ駆けて行く於一のシーンで使われたそうです。
 
ロケ地No.2 仙巌園(磯庭園)
 
f0105886_10183576.jpg

  
有名かついかにも〜な場所もあり、
「えっ!このシーンも庭園内?!」と驚く場所もあったのが、
この磯庭園。
かつて、島津家の別邸のあった場所です。
 
その1・正門
 
f0105886_1020353.jpg

 
f0105886_10211354.jpg

 
私は、あまりよく覚えていないのですが、
島津本家の正門に使われたそうです。
 
その2・筆塚周辺
 
f0105886_10255025.jpg

 
f0105886_10262042.jpg

 
f0105886_10265469.jpg

 
篤姫が国を出立する、駕篭道中の沿道のシーンに使われました。
於一の生家、門構えなどは静岡で、
駕篭道中の沿道は、
茨城・伊豆・鹿児島の各所で撮影されたものですが、
その中の、鹿児島を出立するシーンの一部が
この筆塚周辺で撮影されました。
う〜ん…過去のシーンを見返しても判るかな…?
 
その3・水道橋周辺
 
f0105886_10314563.jpg

 
f0105886_10322470.jpg

 
f0105886_1033127.jpg

 
このシーンは、仙巌園内部で撮影されたということが
もっとも有名なシーン。
ドラマで登場した茶店(風)の建物が、
今もこの場所に残されています。
 
その4・曲水の庭周辺
 
f0105886_10405673.jpg

 
f0105886_10413525.jpg

 
f0105886_1042769.jpg

 
仙巌園を巡る中で
「あ〜!あのシーンってここだったんだ〜!!」と
一番びっくりしたのが、この階段(^o^;)
雨と霧で煙る中、傘を差した肝付尚五郎さんが
大股で段を降りて来る姿は、
記憶にある人も多いと思います。
あの時、自分の存在を過小評価して自己嫌悪する
尚五郎さんの“悔しい気持ち”に
私も感動したなぁと、もう1度ジーンとしました。
 
そんな仙巌園ですが、
もちろんもっともっと見どころはたくさんあります。
 
[反射炉跡]
f0105886_1055638.jpg

 
[錫門(すず板葺きの門)]
f0105886_1057798.jpg

 
[獅子乗大石燈籠]
f0105886_10582780.jpg

 
[発電用ダム跡]
f0105886_1111013.jpg

 
[曲水の庭]
f0105886_112484.jpg

 
[千尋巌]
f0105886_113663.jpg

 
[ヤクタネゴヨウ]
f0105886_114868.jpg

 
[鶴灯籠(日本初のガス灯を点した灯籠)]
f0105886_1163593.jpg

 
[お庭から磯御殿を臨む(屋根だけでスミマセン)]
f0105886_1174121.jpg

 
第4話の『篤姫紀行』でも仙巌園が紹介されています。
徳川時代は別邸として使われていた御殿は、
明治維新後は鹿児島における島津家の本邸として使用されました。
現在のこっている建物は、明治十七年に改築された部分を中心に、
本邸として使用された当時の3分の1が残っています。
部屋ごとにガイドさんが案内してくれて、
(鴨居のクギ隠しが素敵です☆)
最後にお抹茶とお菓子がいただけますので、
庭園のみ¥1000の入園券より、¥1500の御殿コースの入園券を
ご購入することをオススメします(o^-^)b
 
ロケ地No.3 磯山公園
 
f0105886_11264387.jpg

 
9月の中旬に鹿児島へ出掛けた、
大学の先輩・Bさんにいただいた“ロケ地マップ”で、
「ここは絶対行っとかなくちゃ〜」と気合いを入れた場所が
この磯山公園です。
地図を見ると、仙巌園のすぐそばにありそうなのですが…
仙巌園を出たあと、ナビに次の目的地を入れるとずいぶん遠い。
「ぐるりと回って行かなくちゃいけないから、
 距離はあるんだね〜」と簡単に考えましたが、
いざ走らせてみると、どんどんどんどん住宅地に入り込んでいます。
「え〜 こんなんで着くの〜?」と
だんだん不安になりますが、ナビは道を指し示し、
“目的地周辺です。案内を終了します”
…えっ!ちょっと困るよ〜(>_<;)
住宅地の突き当たりには、鉄柵がありまして
その手前には広島ナンバーの車が停まっているし、
「入れるんよね?」と柵を押してみると、鍵がかかっておらず
やった〜\(^o^)/ 入れるや〜ん♪
そして、冒頭の風景に出会えましたよ〜(^.^)♪
 
f0105886_1128946.jpg

 
f0105886_11283944.jpg

 
f0105886_11291852.jpg

 
「日本一の男の嫁になる〜」と叫んでいる母。
今さらそんなことをここで誓ってどうするんだ?

勘弁して〜(>_<;)
 
f0105886_1131197.jpg

 
薩摩時代の於一と尚五郎が、
二人で桜島を見つめる後ろ姿…見えますか?

 
f0105886_11314474.jpg

 
磯山公園は、現在は閉園されており
桜の季節以外は立入禁止であることを知ったのは、
この旅を終えたあとでした。
鍵が締まっていなくてラッキーでした…ホントに。
その近くには“吉野公園”や“寺山公園”という
桜島絶景ポイントがあるそうで、
今回は私は行けませんでしたが、
次回また鹿児島に行くことがあったら寄ってみたい場所です(^-^)
 
鹿児島1泊2日の旅は、ここで終了。
だいたい5時間くらいで鹿児島まで行けることが判り、
「また来るぞ〜o(^o^)o」と思いつつ、家路につきました。
今回の走行距離は→→→684km
 
お疲れさまでしたm(__)m
 
by mar_beads1010 | 2008-10-05 18:12 | 出ある記=BLOG版=
<< コスモス!! 篤姫の衣装【鹿児島1泊2日・その3】 >>



大層なタイトルですが、日々の細々したことを簡単に紹介出来たらいいなと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
* リンク集 *
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧