Margarita =ぶろぐ枕草子=

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長崎の歴史に触れる【長崎年末年始ツアー・その4】

続いて向かったのは、「長崎歴史文化博物館」
 
長崎歴史文化博物館は、平成17年に旧長崎奉行所跡地にて開館しました。
諏訪神社にも近いため、元旦のこの日は駐車場も行列が出来ている程でしたが、
まずまず順調に車を停める事が出来ました。
建物内部に駐車場があったので、外観をゆっくり見ることはなかったのですが、
なんと設計は、昨年亡くなられた黒川紀章さんなのだそうです。
 
f0105886_1014164.jpg

 
長崎奉行(ながさきぶぎょう)は江戸幕府の遠国奉行の一つ。
遠国奉行とは、江戸以外の幕府直轄領(天領)内の重要な場所に置かれ、その土地の政務を取扱いました。大坂・京都・駿府の町奉行のほか、長崎・日光・奈良・堺・佐渡奉行などが置かれ、その職には主に幕府旗本が任ぜられました。
長崎奉行は、天領長崎の最高責任者として、長崎の行政
(今で云う県議会)・司法(裁判所)に加え、長崎会所を監督(警察の風俗担当)し、清国・オランダとの通商(貿易商)、収益の幕府への上納(税務署)、勝手方勘定奉行との連絡、諸国との外交接遇・唐人屋敷や出島を所管・諸国の動静探索(外交官)、日本からの輸出品となる銅・俵物の所管、西国キリシタンの禁圧(所謂「踏み絵」による監督)、長崎港警備(海上保安庁)と多岐にわたる政務を行いました。
任期は1年で、年代により変動がありますが大体2人でその任に当たったということですが、その仕事は多様で、広い知識が要求されたようです。
 
f0105886_1010172.jpg

 
奉行は、格式は公的な役高1000石、在任中役料4400俵でしたが、長崎奉行は公的収入よりも、余得収入(余禄)の方がはるかに大きかったそうです。輸入品を関税免除で購入する特権が認められ、それを国内で転売して莫大な利益を得たり、加えて舶載品をあつかう清国人・オランダ人、長崎町人、貿易商人、地元役人たちからの献金品(入朔銀)もあり、一度長崎奉行を務めれば、子々孫々まで安泰な暮らしができるほどだといわれたそうです。

現在のお金に換算して…3億円!!とか言ってたかな?
 
そんな長崎奉行の1年を立体ビデオで紹介してくれたり(主演:風間杜夫)、
奉行所に持ち込まれた事件を紙芝居風に紹介してくれたり、
展示はとても工夫されていて飽きないのですが、
中でも“ピカイチ”なのは、土・日曜祝日限定のボランティアによる『寸劇』。
当時の絵図面や、発掘された玉砂利などから復元整備された長崎奉行所立山役所の御白洲にて行われます。
この日は“長崎くんち”にまつわる、地域住民の争い事に関して、実際にあった事件をもとにした劇が行われました。
 
f0105886_10222158.jpg

 
f0105886_10233385.jpg

 
f0105886_10342259.jpg

 
雪が時に強くなる中、お正月なのに頑張ってくれた(素人)劇団の皆さん、
とってもかっこ良かったでっす〜♪
長崎奉行所の年中行事の中には『踏み絵』もあり、
実際に使われた銅のプレートなども展示されていました。
また、館内のミュージアム・ショップは、小粋でお洒落な雑貨がいろいろ…
Oさんのお土産にてぬぐいで出来た『猫すごろく』を買って来ました(^_-)-☆
by mar_beads1010 | 2008-01-01 23:30 | 出ある記=BLOG版=

長崎の歴史に触れる【長崎年末年始ツアー・その3】

f0105886_1052686.jpg

 
大浦天主堂は、日本最古の現存するキリスト教建築物で、
国宝に指定された唯一の洋風建築でもあります。
正式名は「日本二十六聖殉教者天主堂」。
慶応元年(1865年)2月19日、フランス人宣教師プティジャン神父(後の初代長崎司教)により大浦天守堂は建立されました。
建立の許可が下りたのは、外国人居留地内の外国人のための教会が必要だったからで、
日本人への布教活動は一切禁じられていました。
建立まもない「フランス寺」は美しさとものめずらしさで付近の住民たちが多数訪れていました。
そして、プティジャン神父には今でもカトリック教徒が密かに信仰を伝えているのではないかというわずかな期待があったのです。
 
f0105886_10574175.jpg

 
3月17日、いわゆる隠れキリシタンであった、「イザベリナ(杉本)ゆり」という52歳の女性を中心とした長崎・浦上の住民十数人が大浦天主堂にやってきて、祈っていたプティジャン神父に近づくと「ワレラノムネ、アナタノムネトオナジ」(私の宗旨はあなたの宗旨と同じです)とささやき、「サンタマリアの御像はどこに」と尋ねました。彼らは聖母像があること、神父が独身であることから間違いなくカトリックであると考え、自分たちは三百年に亘る厳しい迫害を堪え忍びひそかに守り伝えたカトリックの信仰を告白して神父を喜ばせました。
 
f0105886_10585740.jpg

 
やがて、浦上だけでなく長崎地方全域で多くのキリスト教徒が信仰を守り続けていたことがわかり、この“信徒発見”のニュースはやがて当時のローマ教皇・ピウス9世のもとにもたらされました。
教皇は感激して、これを「東洋の奇蹟」と呼んだということです。
 
しかし、この“信徒発見”は後に「浦上四番崩れ」という悲劇を招きますが、
欧米列強の干渉を受けて、明治6年(1873年)2月24日、遂に日本政府はキリスト教禁制の高札を撤去し、長い迫害の時代は幕を下ろしたのでした。

 
f0105886_1101358.jpg

 

Read more …
by mar_beads1010 | 2008-01-01 23:00 | 出ある記=BLOG版=

長崎の歴史に触れる【長崎年末年始ツアー・その2】

◇今回のドライブコース
【(路面電車)諏訪神社(路面電車)→(ホテル・CO)→大浦天主堂→グラバー園→長崎歴史文化博物館→(ルークプラザホテル・泊)→稲佐山展望台】

 
f0105886_165681.jpg

 
 
長崎旅行2日目。
部屋からは初日の出が拝める方角だと聞き、
夜更かししたのに7:20に目覚ましをかけて…起きました。
せっかく起きたのに〜…
♪長崎の元旦は 雨〜だった〜♪
 
f0105886_1711976.jpg

 
…雪混じりの雨がかなり激しいようなので、
もう1時間ほどベッドの中でごろごろ。
女性専用プランで宿泊していたため、
チェックアウトが12:00と時間に余裕があったので、
チェックアウト前に路面電車で
長崎の産土神・諏訪神社へ行く事にしました。
 
f0105886_1725831.jpg

 
f0105886_17254572.jpg

 
元旦の午前中のためか、人出はまだ少なめ。
「いい時間に来たね〜」と言いながら、
階段をゆっくり登ります。
 
参道の途中に変わった石柱を発見。
 
f0105886_1728441.jpg

 
f0105886_17284097.jpg

 
“まよひ子志らせ石”は、どうやらその日のうちに
子供が見つからずにいた人のための石柱である様子。
「昔は迷子を家まで連れて帰っちゃうもんなんだろうか?」
「そのまま貰い子になっちゃう子も多かったんかね〜?」
などと、今とは違う人々の様子が垣間見える石柱に
感心している母娘を周りの人はどうみたのか?
 
続いて参道に見えて来たのは『祓戸神社』。
先ずはここにお参りして、穢れを祓うのが習わしのようです。
 
f0105886_17364581.jpg

 
f0105886_17371320.jpg

 
f0105886_1737435.jpg

 
こちらにあった狛犬、かわい〜んです(^.^)♪
人が列んでいるのも構わず、激写しちゃいました(^o^)
 
さていよいよ諏訪神社本殿へ。
有名な『長崎くんち』が行われる広場を通って、
長くて急な階段を登ります。
疲れて目がくらむと落ちそうになるので、
ゆっくり登りました〜(@_@;)
 
f0105886_1748712.jpg

 
f0105886_17484379.jpg

 
長崎は、戦国時代にキリシタン教会領になったため、
神社やお寺は焼き払われて無くなってたそうです。
諏訪神社の前身が出来たのは、1625年。
幕府から許可(朱印地)を得て
この土地に社殿が出来たのが、1648年。
長崎の複雑な宗教的事情が、この神社にもあるのでした。
 
f0105886_17542212.jpg

 
f0105886_175584.jpg

 
f0105886_17564799.jpg

 
f0105886_17572581.jpg

 
境内には立派な神馬の像もあり、
そこから眺める長崎の街も美しいです。
 
無事にお参りを済ませ、
再び路面電車でホテルまで戻ります。
諏訪神社前駅の地下道には、
長崎くんちの様子を描いたカワイイ絵が飾ってあります。
こちらも一見の価値があります♪
 
f0105886_1802143.jpg

 
f0105886_181551.jpg

 
長崎の路面電車は、均一料金で¥100。
昔ながらの古い車両も、
窓の大きな新型車両もあります。
 
f0105886_1891513.jpg

 
f0105886_1894979.jpg

 

Read more …
by mar_beads1010 | 2008-01-01 22:00 | 出ある記=BLOG版=

謹賀新年 2008年


あけましておめでとうございます\(^o^)/
 
旧年中は御愛顧賜りましてありがとうございます。
本年も同様、宜しくお願いしますm(__)m
 
f0105886_1635813.jpg

 
今年の写真入り年賀状は、
2007年1月8日に行った
長崎県・野母崎のスイセンの写真を
採用させていただきました。
もっともっとこの写真を見たい方は、
アルバムがございますので
そちらのほうに飛んでいただけると嬉しいです。
 
『水仙の里公園(長崎県・野母崎)』
 
…こんな風に簡単にご案内出来るように、
写真はちゃんとアルバムにしないとダメですね(^^ゞ
去年も前半はちゃかちゃか編集とかしてたんですけど、
夏過ぎちゃうと、うだうだになっちゃいました。
大きな山場はGWなんですけど、
06年長野、07年伊勢と全然公開出来ておりません(>_<;)
いろいろ反省しつつ、今年も頑張りますので
温かくご支援していただけると有難いです(-人-)☆
 
by mar_beads1010 | 2008-01-01 08:00 | 日々のつれづれ



大層なタイトルですが、日々の細々したことを簡単に紹介出来たらいいなと思います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
* リンク集 *
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧